★お役に立ったら♪ポチっとよろしく♪⇒【人気blogランキングへ】 ★で、もいっちょ!⇒ブログランキング【くつろぐ】

高橋ユキヒロ・YOMのドラマー。テクノにドラムは必要か

Yellow-Magic=Orchestra(イエローマジックオーケストラ)、Y.M.O.

イエロー・マジック・オーケストラの高橋ユキヒロというドラマーは、70年代末
シンセサイザーの音楽への融合とともに現れたテクノバンドに所属する。

以前の彼は、高中正義らと組んだフュージョンバンド「サディスティックス」に在籍し
また、その後は「加藤和彦とサディスティック・ミカバンド」へとポップ系の
バンド路線で売り出していたドラマーだった。


■何故、ユキヒロがYMOに。。。。

 テクノ・POP=打ち込み じゃないのか?

 当時マスコミや批判的な評論家も騒いだが、

 「生身の人間がやっているから良いんだ。」というポリシーで世界を席巻した。

 また、彼のデザインする衣装も話題になった。
 
 日本のPOPミュージックをビジュアンル(ファッション)的にも
 世界に追いついてきていることを証明したバンドがYMO。


 人がコントロールするしかない「その場のノリ」を、シンセミュージックと
 いう、ともすれば無味乾燥なイメージを持たれるジャンルで、その概念を破った。

さまざまなデジタル・ドラムの開発にも意欲的で、シンセ・ドラムという
新しい「音」を作り上げてる。 

posted by youtube_drum | TrackBack(0) | POPs・ビート系

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。