★お役に立ったら♪ポチっとよろしく♪⇒【人気blogランキングへ】 ★で、もいっちょ!⇒ブログランキング【くつろぐ】

そうる透(そうる とおる)日本屈指のドラマー

そうる透(そうる とおる)LOVE LOVE ALL STARSメンバー?

それだけではありません。

そうる透は日本屈指のロックドラマーです。

5歳でマーチングドラムを初めてから、12歳でスタジオミュージシャンとなり、
プロデビューは、なんと15歳というドラマー中のドラマーです。


彼を一躍有名にしたのが、今も語り継がれる伝説のパフォーマンスBAND
「ダディー竹千代と東京おとぼけCats」のドラマーでの活躍。

その後、難波弘之センスオブワンダー、鳴瀬喜博のUrugomeをはじめ
THE ALFEEのバックとして、また松浦亜弥、大塚愛、ハロプロなどの
レコーディングにも参加している。

あの、LINA SEAの真矢・TOKIOの松岡の師匠としても有名。

そうる透のドラムは「100点セット」といって、彼が見えなくなるほどの
巨大な山のようなドラムセットでも有名で、一回のステージで全てのパーツを
使い切ることが出来るの彼ならではのパフォーマンス。

正確なリズムタイトなビートから繰り出されるサウンドは、個性のぶつかり合う
「東京おとぼけCats」のステージを芯からささえるビートを繰り出す。


Catsのベースは、日本人チョッパーベースの先駆けでもあり、シャモジを
使ったチョッパーや、生卵を割りながら観客に投げつけるチョッパーはLIVEを
観に来たオーディエンスは、傘を持参で声援を送ります。

ギターが宙を舞い、ホーンセクションが走り狂うステージは今も忘れられません。

ツインバスの正確さや、32ビートのカウベルなど、見所満載のステージ。

Catsを知らない世代の人にも一度は見ておいて欲しい動画がありました。



どんなに激しいドラミングをしていても、体の芯がぶれないプレーは感心します。

スティックの反発をコントロールしているから、タム回や、フィルインの
タイミングがずれないまま次のプレーに移行できます。

彼とは20年以上前に話をする機会があったのですが、イスの中心に釘が
出ていると想定して、それを肛門に突き刺している感じで座るのだそうです。

少しでも、イスからズレルと穴が開く。
そんな感じで、どっしり座って、右に(フロアタム)動いても、左(ハイハット)に動いても
中心だけはしっかり持っているようにしている。のようなことを言っていました。

真矢や松岡のプレイにも似たような雰囲気を感じるのは、やはり弟子として
しっかり彼のメソッドを受け継いでいるからでしょうか。。。
posted by youtube_drum | TrackBack(3) | 超絶テクニック動画

ニール・パート ラッシュ百面ドラムソロ Neil Peart

ラッシュのドラマー「ニール・パート」

360°全方向に配置されたドラムセットを縦横無尽に叩く。


しかし、その基本はJAZZドラムにあるようでチップの動きが軽妙。


パーカッションの域を、アンプラグドだけでなくMIDIにも精通し
デジタル音源とアナログ音源の融合を見事に実現させた。


【RUSH】をハードロックBANDというかプログレか、など話題もあるが
彼自身はロックの域をはるかに超えて、アフリカ・ラテン・鼓笛(マーチング)等
分け隔ての無いジャンルからのインスパイアを受け入れている。


ドラムを演奏する上で、ときどき「グリップ」の話になるときがある。

「レギュラーグリップ」「マッチド(マーチド)グリップ」


どちらが、、、

とは言えないくらい現代では様々なドラミングが作られているので、

もう、その偏見は捨てるべきじゃないでしょうか。



ある奏法について、その場合はどちらがスムーズか、

で決めてもいいし、見た目のっぽさで練習するものいいです。

どちらにせよ、出来るようになればいいんであって、
真似(コピー)することからしか判別できない手順があります。

途中、いわゆるシンセでパーカッション以外の音を使うところがあります。



しかし、≪音を消して≫観てみると、

スティックワークが、普通のドラミングと何ら変わらないのが分るでしょうか。


リズムでフレーズを考えているんですね。


ビートにメロディーを乗せるという方法もある。

ということです、


ドラムのイメージや技の幅が広がるキッカケになれば。。。。。


posted by youtube_drum | TrackBack(1) | 超絶テクニック動画

ドラムソロのツインバスは迫力とビート感

ハードロック・メタル系のドラムといえばツインバス。

ただ単に両方で打ち分ければいいかというとそうでもなくて、
スネアのように、強弱をつけたり片足で2度打ちをしたりと
そのバリエーションは意外と多い。

flo mounier (cryptopsy)のソロ・プレイを見ると、1ストロークで
2度打ち・3度打ち・4度打ちなどがしっかり練習されているのが分ります。

ジョンボーナムもそうですが、スティックの先(チップ)が凄く大きく
動いているように見えるので、ブンブン振り回したくなりるけど。。。

実は、手首や肘はそれ程激しく動いてはいない点に注意して見ましょう。

基本練習編や応用編でも、足元が見られるものを探そうと思いますが、ペダルの
操作・踏み方によってもスピードをコントロールしたり、アクセントを変える
というのが可能です。

スティックの「しなり」を感じながら叩く練習をすると、連打やパラディトル
といったドラムの基本「マーチングドラム」の練習にもなります。

ドラムヘッドの打面を意識して見ることが出来るようになると、打つ位置・チップ先が
当たる位置によっても微妙に表現の違う音を出すことが出来るのも分ると思います。




posted by youtube_drum | TrackBack(2) | 超絶テクニック動画

子供のドラムソロ!? バカにしちゃダメです。超絶テクです

Youtubeなどの動画サイトでは、こんな凄いドラムソロも発見します。

なんと彼は、若干7歳!! 7歳ですよ!
基本をみっちりやった証拠でしょうね、というか何歳から? 

ドラミングの基本であるビートをすべからく披露しています。
パラディトルでも変拍子でも左右のチェンジでも全てカンペキ!!

体が小さいから、その不利を克服するためにスティックという【道具】の
利点を最大限に活用しています。

大人になると、ドラムセットに座るとある程度シンバルにもタムにも手が届く。
そうするとスティックを持った時、指でも触れる距離であり、でも棒を持っている。

この距離感がアダになる場合があります。

スティックを持った瞬間から『指先の先にあるスティックの先』までを腕として認識する。

そうすることで、チップ(スティックの先のコト)までの距離を全部使って
ドラムを叩くことができるのです。

体の小さいうちは、イスに座って手を伸ばしたところにシンバルがある。
大きくなってきたら、どうするか?

肘を引いたり体を起こしたりしてシンバルまでの距離を調整します。

その距離は、シンバルにチップは当たりますが、
打面を見るのと別の目で、手首や肘がどこにあるかを確認してみましょう。

その位置で、手首や肘を動かすだけでタムタムや別のシンバルに届く。

これ、ドラムのセッティングのコツでもあります。



posted by youtube_drum | TrackBack(1) | 超絶テクニック動画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。