★お役に立ったら♪ポチっとよろしく♪⇒【人気blogランキングへ】 ★で、もいっちょ!⇒ブログランキング【くつろぐ】

カーマイン・アピス ドラムの表現を作った男

「カーマイン・アピス」
これは見ておくべきドラマーのLIVE!

ジェフ・ベック、ティム・ボガードと共に結成した、ベック・ボガード&アピス(BBA)は
ベックの事故により2年間だけ活動したバンドであるが、この時期のドラミングが
最高だといわれることもある。

「Carmine Appice」

ツインバス(ダブルバス・2バス)を取り込んだ先駆者で、
リニアグルーピング奏法というテクニックを好んだドラマー。

これは、16分を6・6・4とか6・4・6とかの拍数の組合せを変えることで得られる
トリッキーなドラミングのことで、その後のプログレッシブロックへの道を作った。

このLIVEは、ベックが有名にした「チューブ・スクリーマー」という
ギターの音を頭蓋骨に響かせてマイクで拾うというエフェクターを使用している。



ニューヨーク出身で父親はサックスプレーヤー、弟もブラックサバスなどでドラムを叩く。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。